SOUL SMOKERS INC.
プロフィール

Author:L.A.SEIS
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Waka Flocka Flame - Flockaveli
Waka Flocka Flame - Flockaveli

久々に長期のヘビロテに耐え得る作品が出たので記事を上げます。
好事家の間では今か今かと待たれていたWaka Flockaの「Flockaveli」。意外性なくてスマン。

何度かの発売延期を乗り越えてリリースされたこの作品、事前にYouTubeに大量ボムされた曲、On Smash等でダウンロード可能だった曲が中心となっている事もあり、さほど大きな期待はかけずに手に取ってみたんですが、いやはや...この1ヶ月ガチで毎日聴いてます。

既聴感は当然あるし、約2/3を同じプロデューサー(Lex Luger)が出がけているので似たようなタイプの曲が並ぶのに加え、客演勢も想定の範囲内(Roscoe DashとWaleの組み合わせは◎)...が、繰り返し聴いても全然飽きない。ネガティブ要素を全て破壊する中毒性はある意味神がかり的です。

まずは、Lex Lugerの作り出すサウンド。今年のヒップホップ・シーンの一つの流れを作った立役者のビートをまとめて聴けるだけで興奮です。Rick Ross"B.M.F."にせよSoulja Boy"Digital"にせよ、ずっとリピートしても全然イケるもんね。で、Young Jeezy"All White Everything"(コレは個人的に今年のベスト3に入る名曲)が別のプロデューサー(実際はShawty Redd)の作だと知った時、“Lex Luger、完全にキタな”と思いました。だってコレ、完全に手法の模倣じゃん。カッコイイから文句は言えないけど、Shawty Reddはホントこういう所ウマイ。
こういう感覚は、2000年前後からだとネプ、スウィズ、DJ Toomp以来ですかね、メインストリームでは。
とりあえず、"O Let Do It"の浮きっぷりがスゴイです(笑)。

さらに、主役のWaka Flockaのハマりっぷりが尋常じゃない。この人のラップがいわゆる“サウスのガナリ系ラッパー(わかりやすい例だとLil' Jonとか)”の範疇内だと思ってる人、それは違うと思うんだよなぁ。見た目でもわかる通り、Waka Flockaの方がスタイルやリリック的にずっとダーティーだし、“クランクしようぜ!”っつーよりかはもっとサグい感じ。決して技巧派ではないものの、合いの手のタイミングやヒップホップ伝統の(笑)全抜きで入れるフレーズなどは天才的。そして実はこの人、生まれはニューヨークっていう(笑)。

あとは、メロウ曲に頼らずとことん硬派な感じで突き進むところも男らしくて好きです。"Homies"のようにそこはかとなく哀愁漂う曲はあるけど、いわゆるR&Bチックな曲は皆無。バラエティには...正直富んでないです。
でも、よく考えればミクスチャー・バンドとかも、(Linkin' Parkあたりは別格なんで除くとして)ボーカル・ギター・ベース・ドラムの構成でアルバム10数曲聴かせるわけだから、そこでいうところのギターリフのようなキャッチーな要素があれば全然イケるという証明ですね。
そういう意味も含め、「Flockaveli」は非常にロック的なのかも。いかに縦ノリなアルバムかは、"Hard In Da Paint"のTravis Barker Remixのハマり具合を聴けば明らかだし。ロックファンの感想も是非聴いてみたいですね~。
スポンサーサイト
Paul Wall - Heart Of A Champion
Pall Wall - Heart Of A Champion (Small)

インディ落ちが災いしてか、充実した内容に反して大して話題にならなかった前作「Fast Life」から約1年、コンスタントに良作を出し続けるPaul Wallが新作「Heart Of A Champion」をドロップ(チャンプって言葉にやたらこだわりますね、この人w)。

クレジットにざっと目を通すと、客演陣はLil Keke, Chamillionaire, Bun B, Devin The Dude, Z-Ro, Slim Thugらいつものご近所さんに加えてJim Jones, Raekwon, Yelawolf, Jay Electronica, Kid Sisterと、意外に豪華。が、驚いたのがプロデューサーで、全14曲中ちょうど半分の7曲をTravis Barkerがやってる(!)。

最近だとWaka Flocka“Hard In The Paint”などでも超絶パフォーマンスを披露しているTravis Barkerが思う存分暴れ回っているというだけでも、このアルバムは聴く価値アリ。個人的な趣味だと、「People’s Champ」でいうところの“Sippin’ Tha Barre”や“Girl”,“Just Paul Wall”にあたるメロウ曲が1つしかないのは残念だけど、他のプロデューサー(Beanz N Kornbread…)も健闘しているので完成度は高い。

Cypress Hill「Rise Up」もそうだったけど、非黒人ならではのミクスチャー感覚はやっぱり面白いです。特にラス曲の“Heart Of A Hustler”なんかは、Kornとかが使いそうなギターサウンドがジャーンと鳴らされるも、ミックスバランスはドラム大きめのヒップホップ仕様という。この曲、めちゃくちゃカッコイイです。サックスのループが渋い“Live It”も良い。

音作りがモロ“It’s Goin’ Down”な“Stay Iced Up”など、既聴感バリバリな曲もけっこうあるんですが(笑)、ある程度の模倣に寛容な人にはオススメ。曲自体は粒揃いなので、僕は抵抗なく楽しめました。
ってかこの人、音楽はもう副業みたいなもんだと思うので、やりたい事をやってる余裕を感じます。次はもっとロックサウンドに振り切った曲も聴いてみたいかも。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Philthy Richの巻
Philthy Rich

“最近ウェッサイ勢いねぇな、新譜もイケてんの少ないしなー”とお嘆きのG-RAPキチガイにも、そうでない御仁にも、自分が去年あたりから勝手に猛プッシュしているアーティストをご紹介。

ベイエリアはオークランド出身のPhilthy Rich...英語版wikiにも載っていないくらいなのでまだまだマイナーな存在だと思いますが、個人的にかなりキテます。
とりあえず初めて名前を聞くという人は、去年出たオフィシャル・アルバム(他にも尋常じゃない数のミックステープをリリース済)、「Funk Or Die」を聴いてみて欲しい。Amazon.comなら短いけど全曲試聴できます。

Philthy Richのスタイルは派手さを抑えたシンコペ・ビートにタメ気味のラップを乗せていく、今日となってはオーソドックスなものですが、ビートの選び方がとにかくサイコー。フューチャリスティックなシンセ・サウンドからベイエリア物お約束の甘いメロウまで、まさに死角ナシ。「Funk Or Die」は自分の中でクラシック認定済、ここ最近のウェッサイ作品では三本指に入るかな。

Rhilthy Rich feat. Yukmouth, Stevie Joe & Chop Black / On Paperwork
アンビエントっぽい音処理がめちゃくちゃクール。

Philthy Rich feat. J. Stalin & Clyde Carson / What U Know About It
コレもクールって言い方がしっくりくる。シンセベースがベイエリア風味。

Philthy Rich / My Two Sons
鬼メロウ!いなたいラッピンもオヤGを満足させるハズ。

Philthy Rich / I Represent It
フロリダ勢のお株を奪うトランス・シット(ちょっと古いけど...)。

クオリティ高すぎ!上の曲は全てアルバムに入ってるし、タイトル曲や"Dope Boy"、"Throw It Back At Me"なんかも良曲です(PVアリ)。この人の特筆すべき点は、ハンパなく旺盛な制作意欲。上にも書いたように膨大な数のミックステープを作っている上、PVも撮りまくってる。このペースをいつまで維持できるか...今後が楽しみです。"Funk Or Die"Tシャツ欲しいっす。

ちなみにマイスペのブログによると、1/29の時点で彼は塀の中にいる模様で、ご丁寧にもファンレターのあて先はjailっぽい(笑)。気に入った方は下までお手紙出されてみてはいかがでしょう。
phillip beasley #dzh546 booking# 10500995 701 South Abel Street Milpitas, CA 95035-5243

あ、G-RAP狂にオナジミ、「Westcoast Ridaz」のFilthy Rich Ridazとは無関係かと。

Philthy Rich's My Space

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Nate Dogg In Therapy
Nate Dogg


All HipHop.comから、届きたてホヤホヤの嬉しいニュースをデリヴァー。

"Long beach singer Nate Dogg is recovering from a stroke and doing well in therapy, according to childhood friend and longtime collaborator, Warren G."

一部では再起不可能と囁かれたネイトくんに復活の兆しが!依然予断を許さない状態のようですが、自力で起き上がれるようにまでなったようです。
全文コピペもアレなんで、詳細が気になって仕方がないというウェッサイ野郎は下のリンクまで。英語ですが、非常に短い記事です。

http://allhiphop.com/stories/news/archive/2010/01/24/22105576.aspx

倒れてから早くも一年経ったんですね...頑張って回復して欲しい!
それにしても、Warren Gは友達思いだなぁ~。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

WILLIE HUTCH/SOUL PORTRAIT
WILLIE HUTCH/SOUL PORTRAIT

WILLIE HUTCHというアーティストは、シンガーとしてもコンポーザーとしても、非常に魅力的な人だと思います。というか、個人的な好みで言えば、スティーヴィーやカーティスのように“超”がつく大物と比べても全く遜色ないくらい。
僕がWILLIE HUTCHにハマったのはそう昔の話でもなくて、ありがちな話ですが、きっかけはこれまた大好きなTHREE 6 MAFIAのネタ使いからです。PAUL & JUICY JがWILLIE HUTCHに傾倒している事は、インタヴューなんかからも今では周知の事実なので、彼らのアルバムのサンプリング・クレジットをいちいちチェックするような熱心なファンなら、聴いた事はなくても名前くらいは知っているはず。あ、最近だとSCARFACEも使ってました。

で、ネタモノとしての観点で多く語られるのは(名曲「Brother's Gonna Work It Out」も入ってますし...)、件のSCARFACEが「High Note」で使用した「Theme Of The Mack」や、UGKの超絶名曲「Int'l Players Anthem」でベタ敷きされた「I Choose You」が収録された「THE MACK」のサントラってことになるんでしょうけど、この1969年発表のデビュー作「SOUL PORTRAIT」は、単純に楽曲の充実っぷりが素晴らしい大名盤なのです。
もし僕が、“WILLIE HUTCHの魅力とは?”と問われれば、答えは非常に明快。つまり、“歌良し!曲良し!アレンジ良し!”だからです。それに、作るサウンドのバリエーションの豊富さもハンパじゃなくて、自身の楽曲と、例えばJACKSON 5「I'll Be There」、THE 5TH DIMENSIONなど...どれも全然違う。う~ん、天才ですね。
まず歌に関してですが、幾つかの評論筋で指摘されているように、良い意味でSAM COOKEに近い部分があります(実際に彼の死後、お付きの作家から後継者として曲提供を持ちかけられた経緯があるという話も)。良い意味で、と言ったのは、それが日本人のイメージする“歌が上手い黒人歌手”像に絶妙にマッチするからで、普段あまりソウルに馴染みがない人にも聴きやすいハズ。
※(補足)WILLIE HUTCH自身は「SOUL PORTRAIT」を、“OTIS REDDINGを意識して作った作品”と語っているみたいです。その事実も上の意見と同調するかと。
一方で、④「Good To The Last Drop」のような、南部マナーの土臭い曲をサラリと歌いこなしてしまえるところもスゴイですが、そこらへんはLA生まれ/テキサス育ちの出自が起因しているのかも。

さらに、メロディーとアレンジ...これについては、WILLIE HUTCHはブラック・ミュージック界隈屈指の実力を持っている(いた)と思います。まぁ、天下のMOTOWNで作家としてブイブイいわせていた人なので当然っちゃ当然ですが。
特にホーンとギターの使い方はホントに素晴らしくて、⑤「That's What I Call Lovin' You」なんて、イントロの時点で腰砕けです(この曲はコード進行も泣ける)。③「A Love That's Worth Havin'」のちょっとしたホーン・ソロも聴きどころ。
また、①「Ain't Gonna Stop」、②「You Can't Miss Something That You Never Had」、⑧「Lucky To Be Loved By You」のようにキャッチーで思わず口ずさんでしまいそうな曲と、③のように質感的には一連のサントラ仕事に近い哀愁漂う曲が混在しているのも面白いところで、随所に聴き手を飽きさせない趣向が凝らされています。

自分の話になりますが、僕がトラック制作の手法をサンプリング+生楽器に転換したのは、WILLIE HUTCHの音楽の影響が多々あります。ホーンとギターって、シンセで再現しようとすると一番ショボくなるパートなので、だったらリスペクトを込めてそいつらをゴッソリ頂こうって。そんなわけで、現在WILLIE HUTCHネタの曲を制作中です。提供先も既に決まっているので、春先には出るとか出ないとか...?
兎にも角にも、「SOUL PORTRAIT」の初CD化・日本盤リリースはメデタイ!ついでに、初レコーディングのPHONETICSの音源も聴いてみてぇー!

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。