SOUL SMOKERS INC.
プロフィール

L.A.SEIS

Author:L.A.SEIS
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CASHIS/THE COUNTY HOUND EP
CASHIS/THE COUNTY HOUND Jacket

SHADY RECORDSのコンピ「THE RE-UP」でようやく表舞台に登場したシカゴ出身/レペゼン・カリフォルニアのソロマイカー、CASHISが、レーベルを挙げてのバックアップ体制に死角ナシとウワサされるフルアルバムのリリースを前に、先行EP「THE COUNTY HOUND」をドロップしました。

日本ではまだまだその経歴に不明な部分の多いCASHISですが、USの某サイトにわかりやすいバイオが載っていましたので、転記しておきます。
Though he originally came from Chicago, Cashis decided that the best way to pursue his career as a rapper was by moving to Orange County, leaving the Windy City for sunny California with high school friend and producer Rikanatti. After releasing a series of successful mixtapes (including one that was recorded while Cashis was on bail awaiting trial for a crime he was eventually sent to jail for) and becoming one of the most popular O.C. MCs, gutter-style rapper Cashis was signed to Eminem's Shady Records (an Interscope imprint) and released his first single, "Talkin' All That" shortly after. In September 2006 the mixtape Bogish Boy (produced by Rikanatti and mixed by DJ Arkane) hit streets, followed by a spot on "You Don't Know" from the late 2006 Shady Records mixtape The Re-Up.

さて、「THE COUNTY HOUND」ですが、フルアルバムのクオリティに大きな期待のできる、素晴らしい内容に仕上がっています。
そもそも、僕は常日頃CDウォークマンを愛用しているので、尺の短いEPの類は、よっぽどのことがない限り購入しません。ですので、コレはそのよっぽどのことだというわけですね。

気になるプロダクションは、EMINEM社長と、上のバイオでも名前の挙がっているRIKANATTIに、G-UNIT周りで活躍するRON BROWZ。裏方のスタッフもLUIS RESTOにSTEVE KINGと、SHADY作品の常連が名を連ね、サウンド面に抜かりはありません。

まず、CASHISの同郷の友・RIKANATTIですが、イントロに続く「That Nigga A Gangsta」など、非常にイイ仕事っぷりを聴かせてくれています。
ラウドでブッといドラムにアゲ系のシンセが絡むこの曲、RIKANATTI流の今風サウンドとSHADYクルーの熟練したスタジオテクニックが結びついた、ありそうでなかったタイプの楽曲で、RIKANATTIの今後のブレイクを大いに予感させます。
そしてハイライトは、QUEENの名曲「Bohemian Rhapsody」をサンプった、EM制作の「Ms.Jenkins」。コレはホンットにイイ曲。
2PAC feat. THE NOTORIOUS B.I.G.「Runnin'(Dying To Live)」や、 自身の「Sing For The Moment」にも通じる、壮大なヒップホップバラードと言えるこの曲を聴く限り、EMの、CASHISにかける期待の大きさが窺えます。そういった意味では、二人が緊迫感のあるマイクリレーを聴かせる「Pistol Poppin'」も、実に白眉の出来。

CASHISのラップは、メロディアスかつサグな語り口やバイオレンスなリリックが50 CENTを彷彿とさせる部分がありますが、DIPSET周辺のような崩したビート解釈や、西っぽいレイドバックしたラッピンも出来るところを聴くと、フロウはよりバラエティに富んだ感じだと言えそうです。

個人的には、今現在最もアルバムデビューが楽しみなアーティストです。このEPを聴いて、その思いがいっそう強まりました。

My Spaceでも、「THE COUNTY HOUND」収録曲のmp3音源が聴けます。

http://www.myspace.com/cashisoc
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。