SOUL SMOKERS INC.
プロフィール

Author:L.A.SEIS
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLAYYA-1000 with THE D'KSTER/MO' DRAMA
PLAYYA-1000 with THE D'KSTER/MO' DRAMA
CHILL ROB Gと同じく、長らく入手困難だった皿の限定再発盤をご紹介。最近はとみにタワレコが(特にレアなG-RAPの)入荷に力を入れているようで、以前WOOD STREET PLAYASを購入した2 TIGHT RECORDSのような専門店ならまだしも、大型チェーン店でPLAYYA-1000の作品を入手できる日が来るとは、夢にも思いませんでした。
そもそも僕は、レアなCDのオークション等における価格高騰には徹底してアンチな姿勢をとってきたので、言うまでもなく、こうした傾向は大歓迎。マスターから段階的に音質が劣化していくアナログ盤と比べて、CDだとオリジナルと再発に違いはないですから...。

で、オクラホマ・クラシックとして誉れ高い『MO' DRAMA』ですが、いわゆるミッド・ウエスト産G-RAPの王道を行く、濃厚なグルーヴがギッシリと詰め込まれています。
オクラホマと云えば、アメリカ文学のクラシック、スタインベック『怒りの葡萄』における主人公一家の出身地であり、彼らが移住を試みるカリフォルニアの住人達から“オーキー”と軽蔑の念を込めて呼ばれるエピソードなどからも、壮絶な田舎であることが想像できるのですが、アップテンポでメロウな曲でもベイエリアほどの風通しを感じさせないところなどは、土地柄がモロに出ているようで面白い。
ただ、マイナーな地域ではあるものの、PLAYYA-1000のの他にもDANGEROUS ROB、BIG BUR-NA、PARTNERS IN RHYMEなどが奮闘するシーンは確かに存在するようで、音のレベルもそれなりに高いです。

目玉は、一般的にはTHE ISLEY BROTHERS『For The Love Of You』をイナタく引用した『A Pound』か、SOS BAND『Even When You Sleep』を使ったタイトルまんまのレイドバック・チューン『Sunday Afternoon』ってことになるんでしょうが、僕のイチオシはLEO OKEKEもプロデュース参加した『Feel Me』。まったりとした雰囲気と相反する、哀愁マックスなトランペット(?)とコーラスがヤバイです。ベースラインも最高で、やたらスローな分、パッと聴き地味な曲なんですが、今ではアルバム中ダントツで好きです。
一方、後半で聴けるアップテンポな曲も相当に小気味良くて、『The Layback』と『2 Snaps』はダンクラ好きのオヤGは泣き踊り必至の名曲。ピーヒャラ・シンセが鳴り響く甘茶シット『Watchin' U』、『4-The-Nigga-N-U』も、ベタですが嫌いになれない良曲です。

正直、後のチカーノ勢に象徴されるような、妙にメロディアスなヘナヘナ・ラップはあんまり好みではないのですが、それが全く気にならないほど、このアルバムはとにかくベースラインがカッコイイ!ドラムは昔ながらの音圧を抑えた感じで、今の音と比べると若干物足りなさもあるのですが、逆にリズム全体の絡みはバッチリです。
兎にも角にも、マニアだけに聴かれるにはもったいない名盤であることはマチガイナイですね~。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。