SOUL SMOKERS INC.
プロフィール

L.A.SEIS

Author:L.A.SEIS
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIPSET/MORE THAN MUSIC VOL.2
DIPSET/MORE THAN MUSIC VOL.2

ヒップホップ・シーンにおける”NY不振”が囁かれて久しい今日この頃ですが...正直、僕はあんまりそれを実感したことがないです。というのも、僕の周りには絶え間なくDIPSETの音楽が流れていたからで、決定打となったJIM JONES「HUSTLER'S P.O.M.E.」以降の活発な動きは特に、”ハーレムの音”というものが確立され、クルーがいよいよ円熟期を迎えている事実を示していると思います。

そんな中、JIM JONESによるCAM'RON追放説なんてのもありましたが...これは大方のメディアの見方通り、単なるパブリシティ・スタントでしょうね。
下に掲げるのは、某ニュースサイトから拾ってきたDIPSETのA&R兼アーティスト、DUKE DA GODへのインタビュー記事ですが、これを読む限り、コンピのタイトルに”DUKE DA GOD PRESENTS”と書かれている以上は、CAMの離脱は現実的じゃないのではないかと。

When the group split, Damon went to set up Roc-A-Fella Records and wanted to take Duke with him. “Dame offered me a good job and all that, it was at the beginning of Roc-A-Fella, like the early stage when the label was just getting started,” he explains. Duke kindly declined the job offer as he was working closely with Cam’ron at the time, and felt that joining the label at such early stages wouldn’t be a wise move. “I look at it as Dame is my man, Cam is too. I hang out with Cam, Cam’s family so I just stayed with Cam for the simple fact that it was a loyal thing to do,” says Duke. “You know, I didn’t just jump off the ship and go with Dame, even though we all knew each other. You know, me and Cam went through a lot together.”
注:冒頭で出てくる"the group"とは、CHILDREN OF THE CORNのこと。

で、先月出たばかりのFREEKEY ZEKEY「BOOK OF EZEKIEL」もなかなかの力作でしたが、この「MORE THAN MUSIC VOL.2」は、それに輪をかけた良作です。
昨年JIM JONES名義で出た「DIPSET CHRISTMAS」なんつートンデモ企画盤が妙にハイクオリティな出来だった事でも確信を得られたのですが、DIPSET関連の作品は、ミックステープ形式のものを含めてかなりしっかり作られているんですよね。

”ひのよ~うじん”の時に鳴らす拍子木のような間抜けな音が笑いを誘うリードトラック「More Than Music」を筆頭に、
JUELZのその名も「Dipset」以来の伝統芸となった、狂気のハイハット32分刻みトラック「Street Pharmacist」,「Sometimes」など、”わかってらっしゃる”内容にマニアはニヤニヤしっぱなしになること間違いなし。

また、千住の立ち飲み屋にいそうな酔っぱらいラップの酷さが逆に新しいという奇跡的キャラを確立したKILLA CAMの「Suga Duga」に顕著なように、皆さん相変わらずラップが変則的で、ウマイのかヘタなのかよくわかりません。しかしながら、トラックもラップも規格外に面白いという意味では、ファンでなくとも聴き応え十分なハズです。

After continuous contribution to the label and dealing with all the promotion on his own, KOCH Records picked up on his musical aspirations and wanted to work with him. Duke has now stepped out from behind the scenes and has fully produced his own mixtape. From choosing producers, artists and arranging music, ‘More Than Music Vol. 1’ has hit the streets. The 19 track mix features all the Diplomat artists, such as Juelz Santana, Hell Rell, Freeky Zeeky, 40 Cals, JR Writer, new female emcee, Jha Jha, and the father of the Dip family, Cam’ron.

さて、上に掲げたのは、前作「MORE THAN MUSIC VOL.1」に関する記述ですが、DUKE DA GODの監督がKOCHとの連携にまで及んでいるところを見るに、バラバラなトラックメーカーによる雑多なビートとアクの濃いラッパー陣を巧みにコントロールするスキルは、大方彼によるものなのでしょうね。
インディ最大手と蜜月関係を築くことで、実利のみならずチームの特長であるエグいサンプリング手法も堂々と成立させてしまう...いやはや、実に戦略的。

JUELZが出て来た時は、”とんでもないMCが現れたな!”と興奮したものですが、ハッスル感が尋常ではないJIM JONES、クルーの中では比較的正統派なスタイルのJR WRITER、低音ボイス&オフビート・フロウという今までいそうでいなかったタイプのHELL RELL(頑張れ!)らが一同に会するのを聴くに、”今、これほど聴き応えのあるポッセカットも他にないのでは?”と思えてしまいます。

Baaaaaaaaaaaaaalin'!!!は死語への道を一直線ですが、DIPSETはまだまだ絶好調みたいです。

DUKE DA GOD
http://www.myspace.com/dukedagod
HELL RELL
http://www.myspace.com/hellrell
JR WRITER
http://www.myspace.com/jrwriter
DIPSET Official Homepage
http://www.dipsetmixtapes.com/main.html
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。