SOUL SMOKERS INC.
プロフィール

L.A.SEIS

Author:L.A.SEIS
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THREE 6 MAFIA/LAST 2 WALK
THREE 6 MAFIA/LAST 2 WALK

ここ何年かは、自分の中でHYPNOTIZE MINDS関連作が出る→即購入、という流れが完全に出来上がっているので(特に奇才・PROJECT PATとFRAYSER BOYは鉄板)、本隊THREE 6 MAFIAの新作『LAST 2 WALK』リリースの延期に次ぐ延期には心底ヤキモキさせられましたが、UGKにせよLIL WAYNEにせよ、絶好のタイミングを見計らって発売された大物の作品がいずれもクラシック級のクオリティを誇っている事もあり、期待に胸を膨らませていたのですが...ようやくです!!!

曲目を見てみると、けっこう気に入っていた『Doe Boy Fresh』が収録されていない事に気づき、“アレっ?”と少しイヤな予感が。ビッグネームになればなるほど、先行カットのレスポンスによってアルバム全体の制作を仕切り直すというやり方はよく行われますが、なんだかんだで『MOST KNOWN UNKNOWN』の勢いのまま、周りの流行など意に介さずに独自のマフィア道を突き進むとばかり思っていたので...。
まぁ、HYPNOTIZE MINDS絡みの作品は基本的に外さないので、大将ともなればその内容の良さは言わずもがなですが、一通り聴いてみて、『LAST 2 WALK』はどちらかと言うと『DA UNBREAKABLES』タイプのアルバムだという感想を持ちました。
僕はTHREE 6 MAFIAの作品には二通りのタイプがあると思っていて、一方は『DA UNBREAKABLES』のように、アルバム全体を通じての完成度が尋常ではない、いわゆる“捨て曲ナシ!”なもの、もう一方は『CHAPTER 2-WORLD DOMINATION』でいうところの『Tear Da Club Up』や『WHEN THE SMOKE CLEARS』でいうところの『Weak Azz Bitch』のような、バラつきはあるものの特大のボム・シットがいくつか収められているもので、新作は前者に該当するような気がします。単純に好みだけで言えば、僕は断然メリハリがあってスリリングな後者を支持するのですが、ほとんどの曲が一定以上の水準をクリアしているというのは、当たり前ですがそれはそれでスゴイし、聴き応えがあります。

JUICY Jがいつになく冴えたラップを聴かせる『I Told 'Em』に始まり、
奇才・PROJECT PATのド変態ラップが堪能できるヘッドバンガー『Trap Boom』、
ZOMBIE NATION『Kernkraft 400』でオナジミのフレーズでテクノ・ファンも昇天確実な(?)『I Got』(後半の展開もニクイ)と、冒頭からテンション高め。
細かい話ですが、今回はハットが32分刻みの曲が多いです(上の3曲ともそう)。個人的には、D.J. PAUL & JUICY"J"がプロデュースするトラックの場合、ヴァース部分でハットが8分刻みから16分刻みにスイッチングする瞬間がたまらなく好きだったりするので(ファンなら絶対わかるハズ!)、これが今後の主流になったら嫌だな...とか思ったり。
ハイライトは、AKONが参加した『That's Right』でしょうか。この曲でのAKONのパフォーマンスは、最近客演した中ではベストなんじゃないかと(メロディーもすごくイイ)。BPMも、本来マフィアが最も得意とする辺りなので、安心して聴けます。
他にも、シリアスなストリングス使いとタイトルをひたすら連呼するフックが“らしい”感じの『Weed,Blow,Pills』は、ヴァースをスクリュー仕様にしてしまったり(オケも加工しているので、音程の変化がアクセントとなっていて面白いです)、
LYFE JENNINGSがフックを歌う『Hood Star』は曲の透明感が妙に新鮮だったり、今回は色々やってます。
GOOD CHARLOTTEを迎えた『My Own Way』も、最初は話題作りかと思いましたが、実際は楽曲として非常にレベル高し。クセのある歌い手とのガチンコ勝負が多いのも、『LAST 2 WALK』の特徴の一つかもしれません。
加えて、緊迫感のあるシリアスな雰囲気、特徴的なドラムの打ち込み、明快なチャントなど、100%マフィア印な『Get Ya Rob』のような曲もあるので、古参のファン/『MOST KNOWN UNKNOWN』以降のファンともに、けっこう楽しめる作品に仕上がっているのではないでしょうか。

僕的には、奇才・PROJECT PATが大活躍しているのが相当ポイント高いです。ボートラとイントロ/アウトロ、スキットを除く全16曲中、5曲で姿を見せる弟君ですが、この人のラップが入ると曲の空気が変わります。CRUNCHY BLACKの脱退によって、予想以上に(ラップ方面での)戦力がダウンしているので、この際、鬼才を第三のメンバーとして迎え入れるのもアリなのではないかと思ってしまいました。正直、DJ PAULとJUICY Jのラップに昔のようなキレが感じられなくなってきているので(それでも十分カッコイイですが)、まだまだ伸びしろタップリな天才が加わったら...考えるだけで興奮します。

ちなみにですが、シングルにもなっている『Lolli Lolli(Pop That Body)』は、フツーにダサイと思いました。オケヒットを使ったりしているのは面白いけど、それだけ。
マフィアはオートチューンものに手を出して欲しくなかった...というのが率直な感想で、コンポーズ能力に長けたT-PAINと比べると、ただ使っているだけという印象を受けるのが残念。
色々と新しい事に挑戦しようとするのはアーティストの性なんでしょうが、マフィアに関しては、“愛すべきワンパターン”でい続けて欲しいという気持ちがなきにしもあらずです。
あとは、次のアルバムに向けて、これから一発ボムが欲しいところ。良い作品だとは思うのですが、今回はやや不完全燃焼な感が否めないのも事実なので。
アウトロでアナウンスされている、両者のソロ・アルバムのリリースは本気なのか!?果たして...。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

PROJECT PAT/WALKIN' BANK ROLL
PROJECT PAT/WALKIN' BANK ROLL

HYPNOTIZE MINDS関連の音源が出るととりあえず買ってしまう、文字通りMINDがHYPNOTIZEされている僕ですが、ミックステープ・アルバム「WHAT CHA STARIN AT?」を挟んでリリースされたPROJECT PATの6thアルバム「WALKIN' BANK ROLL」も、当然レジ直行でゲットしました。

THREE 6 MAFIA本隊の新作「LAST 2 WALK」が延期に延期を重ねる中でのリリースとなった本作ですが、個人的に今年最もヘビロテした曲の一つでもある8 BALL & MJG「Relax & Take Notes」での怪演が変態ラップ好きを昇天させるフロウの嵐だった為、期待度はそれに勝るとも劣らないものがありました。
さりげなく都落ちしてKOCHからのリリースという不安要素もありましたが、フタを開けてみれば安心のHYPNOTIZE MINDS印、全曲DJ PAUL & JUICY"J"プロデュース(ミックスにも口出ししている模様)ということもあり、インディーっぽさはあまり感じられません。
それはそうと、PAUL & Jは若干音作りの指向が変わってきましたね。以前はスキ間のあるビートと単音のリフが中毒性を演出する要因だったと思うんですが、最近はよく聴くと小さくシンセ音を敷いていたり、エレキギターのワンショットでコード感を出したり、音を埋める傾向にある気がします。
これが良いのか否かは、「LAST 2 WALK」を聴いてからの判断ですかね。

何はともあれ、この稀代の変態ラッパーの多彩なフロウの前では、トラックについてあれこれ語るのも無意味かと(笑)。今回も相当はっちゃけてるので、ラップだけ聴いてても単純に楽しめます。
シリアスなサウンドとタイトルの連呼がHYPNOTIZE MINDSマナーな「Rubberband Me」に始まり、
本隊の応援もバッチリな先行「Don't Call Me No Mo」(シャタファカー!!!付きです...笑)など、キャッチーさとダークさのさじ加減の絶妙さはもはや名人芸。

印象としては、「MOST KNOWN UNKNOWN」の延長線上にある、洗練度ややアップな感が強いですが、タム回しがロック(ブラック・サバスとかね)な「Hate My Swag」などは、古株ファンにも受けるのではないでしょうか。こういう音はPAUL & Jにしか作り得ません。
「See Me」のうらぶれた感じも実に"らしい"ですし、「Bull Frog Yay」などでは、T.I.なんかが好んで使いそうなシンセブラスの音色を用いているのですが、方法論は同じでも仕上がりがよりゲトーな質感になるところに、PROJECT PATの個性を強く感じます。

ただ、フックと1stヴァースにPIMP Cを迎えた「Talkin' Smart」では、完全に主客関係が逆転してしまっています。この曲を聴けば、PIMP Cが彼のキャリア全盛期の真っ只中に命を落としてしまった事が確信できるはず。全曲必聴なこのアルバムの中でも、出色な出来です。
R.I.P. PIMP C...。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。