SOUL SMOKERS INC.
プロフィール

L.A.SEIS

Author:L.A.SEIS
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUGAR BILLY/SUPER DUPER LOVE
SUGAR BILLY/SUPER DUPER LOVE

最近とみに動きが活発なリイシュー業界。
僕のようにジリ貧を常とする青二才にとっては、財布の軽さが身に沁みる今日この頃です...(この間言及したチェス・レコーズのリリースラッシュから、間髪入れずにPARLIAMENTのボックスセットが!タイミング悪すぎ!)。
さらにトドメを刺すかのように登場したのが、1960~70年代半ばにかけて広義の優良ブラックミュージックを提供し続けた折衷レーベル・メインストリームのカタログ群で、僕が確認できたのは、ALICE CLARKにELLERINE HARDING,SUGAR BILLYなど、比較的ソウル/ファンク色の強いモノ(コンピは除く)。

しかし、渋面で"あっちゃ~"と思ったのも束の間、捨てる神あれば拾う神ありとはよく言ったもので、前述した作品の一つであるSUGAR BILLY「SUPER DUPER LOVE」を、まさにゴミみたいな安値でゲット!...ってかそんな査定でいいのか?ディスクユニ○ン池袋店。
このアルバム、サトウキビを握りながらニッコリ微笑むお姉さんのエロさが評判のジャケ名盤でもあるので、結果的にアナログを入手できたのはラッキーでした。

さて、このメインストリームというレーベル(ちなみにSUGAR BILLYのリリース元は傍系のFAST TRACK)、元々ジャズを基調としていた出自からか、その名に反した多様性がある意味大きな特色となっているので、ひと味違ったクロさを味わいたいという人には、激しくオススメです。
で、SUGAR BILLYの場合、彼自身がブルース畑出身のギタリストということもあり、折に触れて僕が紹介してきたチェス・レコーズっぽい感触の曲もいくつかあります(近いのはBO DIDDLEYあたり?逆か、BOがソウル/ファンクに近いのか)。
歌い方が泥臭くてパワフルな一方、高音では少し苦しそうな表情を見せる事もしばしばですが、イクべきところでイキきれない音域の狭さも武骨さゆえと前向きな捉え方をしてしまって差し支えないタイプのシンガーなので、細かい技巧的な部分は大して気になりません。少なくとも、僕にとってはこの音程のブレもなかなか心地が良い。

アルバム全体の構成も非常に起伏に富んでいて、リズムのキメが最高にカッコイイ、JOSS STONEも「SOUL SESSIONS」でカバーした「Super Duper Love」を筆頭に、
オヤG連中は秒殺されること必至の極上甘茶シット「Love Bug」,
OTIS REDDINGばりの豪快な歌いっぷりに痺れる「Treat Me Like You Don't Know Me」,
煽るような歌声が鬼ファンキーなオープニングナンバー「Too Much,Too Soon」等々、テンポ的にも曲調的にもバラエティー豊かな楽曲が並びますが、それでいて散漫な印象があまりないのは、ひとえに主役のSUGAR BILLYがJBにも通じる強烈なリーダーシップを感じさせるからではないでしょうか。なかなか濃ゆいです、この人。

リイシューの話でいうと、これまた世界初CD化とのこと。アナログとCD、両方手に入れてみても損はない作品です。
スポンサーサイト
MUDDY WATERS/AFTER THE RAIN
MUDDY WATERS/AFTER THE RAIN

前回の続き...というわけでもないのですが、ここのところずっとUGKを聴いていたら、ふとした瞬間にメチャクチャMUDDY WATERSが聴きたくなりました。
で、不思議なもので、MUDDYを聴いていると、今度は耳がUGKの音を欲し始めるんですよね。
こうした生理的リンクがあるから音楽、特にブラックミュージックは面白い。
この現象はおそらく、UGKがいかにブルージーなヒップホップを体現しているかという事と、一方で、MUDDY WATERSがいかにエッジのきいたブルースを体現していたかという事の表れではないかと思います。

ブルースにおける名門中の名門、チェス・レコーズ(厳密に言えば前身のアリストクラット)の設立60周年を記念して、ブルース&ソウル・レコーズ誌主導で進められてきた紙ジャケ・リイシューも、はや第三弾。
遂にやってくれました、MUDDY WATERSの1969年作「AFTER THE RAIN」が、世界初のCD化です。今回も、"ルビジウム・クロック"という、人工衛星などに使われている技術をカッティングに際して採用しているそうで、比較対象となるモノがないので何とも言えませんが、とりあえずスゴそうな事だけは確か^^;

「AFTER THE RAIN」といえば、僕個人としては歌・演奏・ジャケともにバッチリな、MUDDY WATERS屈指の名作との思いが強いのですが、ロックとの積極的な邂逅が伝統的ブルース・ファンの酷評を買った「ELECTRIC MUD」(1968)の続編的な位置づけからか、MUDDY作品の中ではさほど話題に上る機会は多くないような気がします。単品のディスク・ガイド並みに重厚な、レコード・コレクターズ誌10月号のチェス・レコーズ特集(ブルース・ファン必見!)中にある"チェス・レコーズの名盤80選"からも、思いっきり漏れていたりするので...(苦笑)。
それだけに、JOHN LEE HOOKER「HOUSE OF THE BLUES」やLITTLE MILTON「WE'RE GONNA MAKE IT」といった名盤達をさしおいて、この作品がCD化の栄誉を受けたのはかなり意外な展開でしたが(ちなみにこの2作は第四弾のリイシューで登場決定、金がなくなるー!)、自分のオールタイム・フェイバリットが手軽に、かつ高音圧で聴けるようになった事は素直に喜びたいです。

そんな賛否両論の問題作「AFTER THE RAIN」ですが、肝心の内容はというと...
重く、煙たいビートが最高にグルーヴィーな、冒頭の「I Am The Blues」からして既にヤバすぎです。作者は、ブルース界のDR.DREことWILLIE DIXON(僕が勝手にそう呼んでるだけです)。LITTLE WALTER「HATE TO SEE YOU GO」を聴いていても思ったんですが、WILLIE DIXONのサウンドは完全に"チェスのサウンド"ですね。ゆっくりと、しかし確実にズブズブと泥沼に沈み込んでいくような中毒性(今で言えばスクリュー&チョップにも似た感覚?)は、実に彼の真骨頂です。
そして、キメのリフで昇天確実なヘッドバンガー「Ramblin' Mind」,
小気味良いノリが非ブルース・リスナーも必聴のアップ「Rollin' And Tumblin'」,
ダークなイントロの展開が鬼ハーコーな「Bottom Of The Sea」と、特にアタマ数曲は震えっぱなしのカッコ良さ。
加えてサイコーなのがジャケで、MUDDY WATERSの名前の由来とも言うべき、泥水まみれの姿のモノクロ写真(カエル付き)。これを見るに、批評筋の酷評とは裏腹に、MUDDY本人はこの作品をけっこう気に入っていたのではないかと思います。

それと、こじつけみたいで恐縮ですが、僕が最初に言及した、UGKとのリンクを最も強く感じさせるのが、この「AFTER THE RAIN」なんですよね。共通項目はズバリ、"洗練の中の泥臭さ"。いかがでしょう?
こうして音楽は続いていく...。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。