SOUL SMOKERS INC.
プロフィール

L.A.SEIS

Author:L.A.SEIS
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BABY D/A-TOWN SECRET WEAPON
BABY D/A-TOWN SECRET WEAPON
実は90年代から活動しているアトランタはOOMP CAMPのBABY Dが、(一部で)長らく待たれていた三枚目のフル・アルバム『A-TOWN SECRET WEAPON』をリリース、これがまた、局地的にかもしれませんが見過ごせない好内容に仕上がっています。

“局地的に”というのは、わりと特定の嗜好に対してピンポイントだという意味で、まず、ひしゃげたハ虫類声の高音ラップが好物の変態リスナー(自分含む)にはドンピシャリ。以前の作品を未聴の人は、UNKからの流れで聴くのもマチガイナイかと。
また、上モノが一切ない鬼ミニマル『Do It』に象徴的なように、どストレートなスナップ・チューンを多数収録しているので、スナップの権化・D4LのSHAWTY LOのアルバムに肩透かしを食らったマニアも泣いて喜ぶこと必至です。
 
BABYと呼ぶにはお肌の衰えがジャケ写でも顕著なDさん。そこそこキャリアがある人なので、『A-TOWN SECRET WEAPON』というタイトル自体、日本のヒップホップ・リスナーへのあてつけか?と勘繰ってしまいそうになりますが、徹底した地元密着のスタイルがブレイクの妨げとなっている部分は確かにあるのかもしれません。
ただ、DOWN-SOUTH.comに書かれた『OFF DA CHAIN』のレヴューで取り上げられている、“I know a lot of people who have been signed to major labels, but their album ain’t sell nothing, My album came out independent, but I still sold more than they did. It’s about the respect. People just see you on TV and think you’re making money, but the album might not be selling. You just get more recognition.”という発言などからは、あえて(なのだと信じておきます)インディを基盤とする彼の活動理念が窺え、その地に足着いた姿勢には好感を覚えます。

何と言っても、まずは先行シングルの『I'm Bout Money』。この曲自体がオモテに出たのはけっこう前だったと記憶していますが、聴いていて未だに飽きないです。最近のアトランタ・マナーに則った勇壮なオケと、フックの突き抜け感が気持ちイイ。
その他の曲も、ディストーション・ギターとトランシーなシンセの合わせ技が熱い『U Gotta Love It』に始まり、
GUCCI MANEの曲を参照し、その本人とSHAWTY LO(相変わらず気の抜けまくったフロウを披露...この人のラップは本当に奥が深い)を客演に迎えた『Icey』、
リバーブたっぷりのオルガン使いがユニークな『Patron』、
キャッシュマネー調の男気トラックとド派手なフックにテンションが上がる『Put'em Up』、
ロックシンガー然とした薄味の歌をフィーチャした高速チューン『Girls Gone Wild』、
締めにふさわしい泣きの天国シット『For My Nigger』...と佳曲多し。上に挙げた『Do It』以外にも『So Fresh』『Got It Girl』といったスナップ・チューンがいくつか収められており、間口が狭いようでいて実は多彩、というのが大きなポイント。

で、ビートもイイ感じですが、主役のキレのあるラップもまた然り。最近あまり見られなくなってきた、倍速でハメるスタイルを随所で取り入れているためメリハリもタップリで、予定されていたUNKとの曲が入っていないことこそ残念ですが、BABY D一人でも十分に聴かせてくれます。モロにR&B調の軟弱トラックがないのも、イメージに反して男らしい。
今回はサウンド面を実質的にDJ MONTAYが単独で仕切っているので(そのわりにはバラつきが目立ちますが...)、次作は是非とも色んなプロデューサーと組んでみて欲しいです。できれば、そんなに間を空けずに。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

BO DIDDLEY/THE BLACK GLADIATOR
BO DIDDLEY/THE BLACK GLADIATOR
遅ればせながら、BO DIDDLEY R.I.P.。
現在の音楽シーンとの関連を考えると(ロックンロール世代→ヒップホップ世代への移行という意味で)、彼の死がJ.B.の時ほど大きな話題にならないのはある意味仕方がないことなのかもしれませんが、僕にとってはさほど詳しいわけでもないブルースの中でも特に好きなアーティストなので、あらためて合掌...。とは言っても享年79歳、まさに大往生です。

昨年5月に脳卒中で倒れるまで、平然とツアーをこなしていたような絶倫ブルースマンのBOのことですから、残した作品の数だけでもハンパじゃないわけですが、僕が今まで一番よく聴いたアルバムが、1970年リリースの17枚目(デビューが1958年なので、いかに多作かがわかるハズ!)、『THE BLACK GLADIATOR』です。
1970年といえば、ブルース勢にとってはモロに転換期にあたり、新たなアプローチを模索、悪く言えば迷走しているレコードも少なくないので、根っからのブルース・ファンがこの時期の作品をフェイバリットに挙げることはあまりないと思うのですが、ソウル/ファンク、はたまたヒップホップ的な耳で聴くには、意外とツボだったりします。ちなみに、他のブルース巨人達の場合、MUDDY WATERSなどに関しても、僕はこの頃の作品(1968年の『ELECTRIC MUD』、1969年の『AFTER THE RAIN』)がイチバン好きです。

で、この『THE BLACK GLADIATOR』ですが、これがまた非常に聴きやすい。爆音の単弦リフが曲をグイグイ引っ張っていくところはブルースの伝統、というか従来のBO DIDDLEYマナーにそったものですが、そこにファンクのエッセンスが注入されることで、奇跡的なカッコ良さが生み出されています。
一聴して、パッと頭に浮かんだのはスライ。女性コーラスのCOOKIE VEEが大活躍していることなども両者の雰囲気を近くしている要因の一つですが、スライのように、ロックの強さとファンクの楽しさを絶妙に混ぜ合わせたサウンドが好みな人には、俄然オススメできる作品です。

時折シャウトも飛び出すロックンロールな歌と、それにはお構いなしに暴れ回るギター、ソロも含めて好き勝手に弾きまくるオルガンが鬼なアタマの『Elephant Man』の時点で昇天確実ですが、メロウなギターとCOOKIEのたたくタンバリン(実際の音ほどロックっぽさを感じさせないのは、コイツが良いアクセントになっているからのような気がします)の人懐っこさがレア・グルーヴ界隈からの高評価もナットクな『You,Bo Diddley』も、相当なキラーチューン。COOKIEとのかけ合いも楽しいこの曲、お花畑で踊っているようなノホホンとした雰囲気が今聴くと妙に斬新。
さらに、JB'Sっぽい(逆か?)バンドアレンジがファンキーな『Black Soul』、
COOKIEが堂々とメインをはり、スライ的な空気を強く感じさせる『If The Bible's Right』『I've Got A Feeling』も文句ナシの名曲。この辺りは、SUPERFLYとかが好きな人も気に入るのでは。
プラス、そうしたアップテンポな曲の中で飛び出すへヴィなブルース・ナンバー、『Power House』『Shut Up,Woman』が、絶妙なコントラストもあってめちゃくちゃカッコイイ。これらの後にNAS『Bridging The Gap』を聴いたら、死ぬほど鳥肌立ちます、ホントに。

去年、チェスの紙ジャケ再発シリーズの一環として、このアルバムが容易に入手できるようになった(一応限定生産を謳っていたので、まだ同じ状況かは定かではありませんが...)のは、今考えるとタイミング的にバッチリだったような気がします。このブッ飛んだ真っ黄色のジャケを目にしたら、チェックしてみて損はありません。
なぜかオペラ調のラス曲『I Don't Like You』に脱力させられていると、ブルースにユーモアを持ち込むという点でも、BOが稀有な存在であったことを実感します。
是非とも安らかに眠ってください...。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

THREE 6 MAFIA/LAST 2 WALK
THREE 6 MAFIA/LAST 2 WALK

ここ何年かは、自分の中でHYPNOTIZE MINDS関連作が出る→即購入、という流れが完全に出来上がっているので(特に奇才・PROJECT PATとFRAYSER BOYは鉄板)、本隊THREE 6 MAFIAの新作『LAST 2 WALK』リリースの延期に次ぐ延期には心底ヤキモキさせられましたが、UGKにせよLIL WAYNEにせよ、絶好のタイミングを見計らって発売された大物の作品がいずれもクラシック級のクオリティを誇っている事もあり、期待に胸を膨らませていたのですが...ようやくです!!!

曲目を見てみると、けっこう気に入っていた『Doe Boy Fresh』が収録されていない事に気づき、“アレっ?”と少しイヤな予感が。ビッグネームになればなるほど、先行カットのレスポンスによってアルバム全体の制作を仕切り直すというやり方はよく行われますが、なんだかんだで『MOST KNOWN UNKNOWN』の勢いのまま、周りの流行など意に介さずに独自のマフィア道を突き進むとばかり思っていたので...。
まぁ、HYPNOTIZE MINDS絡みの作品は基本的に外さないので、大将ともなればその内容の良さは言わずもがなですが、一通り聴いてみて、『LAST 2 WALK』はどちらかと言うと『DA UNBREAKABLES』タイプのアルバムだという感想を持ちました。
僕はTHREE 6 MAFIAの作品には二通りのタイプがあると思っていて、一方は『DA UNBREAKABLES』のように、アルバム全体を通じての完成度が尋常ではない、いわゆる“捨て曲ナシ!”なもの、もう一方は『CHAPTER 2-WORLD DOMINATION』でいうところの『Tear Da Club Up』や『WHEN THE SMOKE CLEARS』でいうところの『Weak Azz Bitch』のような、バラつきはあるものの特大のボム・シットがいくつか収められているもので、新作は前者に該当するような気がします。単純に好みだけで言えば、僕は断然メリハリがあってスリリングな後者を支持するのですが、ほとんどの曲が一定以上の水準をクリアしているというのは、当たり前ですがそれはそれでスゴイし、聴き応えがあります。

JUICY Jがいつになく冴えたラップを聴かせる『I Told 'Em』に始まり、
奇才・PROJECT PATのド変態ラップが堪能できるヘッドバンガー『Trap Boom』、
ZOMBIE NATION『Kernkraft 400』でオナジミのフレーズでテクノ・ファンも昇天確実な(?)『I Got』(後半の展開もニクイ)と、冒頭からテンション高め。
細かい話ですが、今回はハットが32分刻みの曲が多いです(上の3曲ともそう)。個人的には、D.J. PAUL & JUICY"J"がプロデュースするトラックの場合、ヴァース部分でハットが8分刻みから16分刻みにスイッチングする瞬間がたまらなく好きだったりするので(ファンなら絶対わかるハズ!)、これが今後の主流になったら嫌だな...とか思ったり。
ハイライトは、AKONが参加した『That's Right』でしょうか。この曲でのAKONのパフォーマンスは、最近客演した中ではベストなんじゃないかと(メロディーもすごくイイ)。BPMも、本来マフィアが最も得意とする辺りなので、安心して聴けます。
他にも、シリアスなストリングス使いとタイトルをひたすら連呼するフックが“らしい”感じの『Weed,Blow,Pills』は、ヴァースをスクリュー仕様にしてしまったり(オケも加工しているので、音程の変化がアクセントとなっていて面白いです)、
LYFE JENNINGSがフックを歌う『Hood Star』は曲の透明感が妙に新鮮だったり、今回は色々やってます。
GOOD CHARLOTTEを迎えた『My Own Way』も、最初は話題作りかと思いましたが、実際は楽曲として非常にレベル高し。クセのある歌い手とのガチンコ勝負が多いのも、『LAST 2 WALK』の特徴の一つかもしれません。
加えて、緊迫感のあるシリアスな雰囲気、特徴的なドラムの打ち込み、明快なチャントなど、100%マフィア印な『Get Ya Rob』のような曲もあるので、古参のファン/『MOST KNOWN UNKNOWN』以降のファンともに、けっこう楽しめる作品に仕上がっているのではないでしょうか。

僕的には、奇才・PROJECT PATが大活躍しているのが相当ポイント高いです。ボートラとイントロ/アウトロ、スキットを除く全16曲中、5曲で姿を見せる弟君ですが、この人のラップが入ると曲の空気が変わります。CRUNCHY BLACKの脱退によって、予想以上に(ラップ方面での)戦力がダウンしているので、この際、鬼才を第三のメンバーとして迎え入れるのもアリなのではないかと思ってしまいました。正直、DJ PAULとJUICY Jのラップに昔のようなキレが感じられなくなってきているので(それでも十分カッコイイですが)、まだまだ伸びしろタップリな天才が加わったら...考えるだけで興奮します。

ちなみにですが、シングルにもなっている『Lolli Lolli(Pop That Body)』は、フツーにダサイと思いました。オケヒットを使ったりしているのは面白いけど、それだけ。
マフィアはオートチューンものに手を出して欲しくなかった...というのが率直な感想で、コンポーズ能力に長けたT-PAINと比べると、ただ使っているだけという印象を受けるのが残念。
色々と新しい事に挑戦しようとするのはアーティストの性なんでしょうが、マフィアに関しては、“愛すべきワンパターン”でい続けて欲しいという気持ちがなきにしもあらずです。
あとは、次のアルバムに向けて、これから一発ボムが欲しいところ。良い作品だとは思うのですが、今回はやや不完全燃焼な感が否めないのも事実なので。
アウトロでアナウンスされている、両者のソロ・アルバムのリリースは本気なのか!?果たして...。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

AL GREEN/LAY IT DOWN
AL GREEN/LAY IT DOWN

AL GREENの新作がスゴイ!
『EVERYTHING'S OK』に続く3年ぶりの新作は?UESTLOVEとJAMES POYSERのプロデュースということで、THE ROOTSの諸作やD'ANGELO『VOODOO』のような硬質な音をイメージしてこの『LAY IT DOWN』に聴き臨んだのですが、実際のところはビックリするぐらいのAL GREEN/Hiサウンド、トータス松本のコメント(“Hiっぷりがエライことになってる!”)もナットクの内容でした。僕なんかはそうした、あくまでも主役を立てる姿勢にプロデューサーご両人の深いAL GREEN愛を感じてグッときてしまったクチですが、レコーディング機材などの環境が180度変わった今なお『LET'S GET TOGETHER』の雰囲気を作り出せるというのはホントに驚きです。無理にラッパーをフィーチャーしたり、イマドキなビートに目配せしていない点も好感度大で、オールド・ソウル・ファンであれば、これをチェックしないテはありません。

決して“悪くない”出来の近作と比べると、『LAY IT DOWN』はゲスト/スタッフ陣のメンツが非常に豪華で、ANTHONY HAMILTON、CORINNE BAILEY RAE、JOHN LEGENDに加えてコーラスにJAGUAR WRIGHT、ホーン隊にTHE DAP-KINGS、ストリングスにLARRY GOLD...と、このクレジットを見る人によっては卒倒してしまいそうなほど。意表をつく顔ぶれとしては、ミキサーのJIMMY DOUGLASSなんかがいますが、この人独特の中低域の音処理(テープノイズが温かみと厚みを演出する『Stay With Me(By The Sea)』は特に要チェック)も、このアルバムをありきたりなモノにさせない要因となっているような気がします。

とは言え、最終的にALの歌が乗ってしまえば、そこはもうどこまでもALワールドなわけで、例えば冒頭の表題曲を聴いてみても、ANTHONY HAMILTONのパートこそ次に『Cornbread,Fish & Collard Greens』が流れてきそうな空気(余談ですが、『COMIN' FROM WHERE I'M FROM』の1・2曲目の流れ、僕はメチャクチャ好きです)を感じさせますが、いざ曲が終わってみると、コンビネーション・チューンを聴いたという印象が全然残りません。純然たる男女デュエットの『Take Your Time』を除いて、それは他の曲も同様。

特にオススメな曲を挙げると、まずは2曲目の『Just For Me』。溶けそうなほどメロウなギターと泣きのホーンの絡みがたまりません。個人的には、THE DAP-KINGSがSHARON JONESとの連名で出している作品はあまりに懐古趣味過ぎて入れ込めないのですが、セッション・ミュージシャンとしての彼らはやっぱりサイコー。バンド全体の強度をまざまざと見せつけられる曲です。
さらに、一度聴いたら口ずさめそうなほど美メロな『No One Like You』は、さながら現代版『Let's Get Together』とでもいったところ。アルバム全体を通じて存在感が目立つJAMES POYSERのHAMMOND B-3 ORGANが、この曲では特にイイ味を出しています。いやー、この人はホントに素晴らしい鍵盤奏者です。
そして、極めつけは『What More Do You Want From Me』。この曲で遂にALの歌力が爆発します。フックの、地声からファルセットに移行する時のセクシーさはまさに“これぞAL GREEN!”といった感じで、コーラスとの混じり具合も絶妙。最初に聴いた時は震えて物が言えませんでした...。

正直、ソウル・レジェンド達がお約束のように出すカバー・アルバムにはやや食傷気味な感想を抱いていたので、ALが自身のクラシック作品に劣らぬオリジナル作品を仕上げてきたことは、ホントに喜ばしい限りです。
絶倫オヤジ、アーティストとしてお手本のようなキャリアを送っています。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。