SOUL SMOKERS INC.
プロフィール

Author:L.A.SEIS
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Waka Flocka Flame - Flockaveli
Waka Flocka Flame - Flockaveli

久々に長期のヘビロテに耐え得る作品が出たので記事を上げます。
好事家の間では今か今かと待たれていたWaka Flockaの「Flockaveli」。意外性なくてスマン。

何度かの発売延期を乗り越えてリリースされたこの作品、事前にYouTubeに大量ボムされた曲、On Smash等でダウンロード可能だった曲が中心となっている事もあり、さほど大きな期待はかけずに手に取ってみたんですが、いやはや...この1ヶ月ガチで毎日聴いてます。

既聴感は当然あるし、約2/3を同じプロデューサー(Lex Luger)が出がけているので似たようなタイプの曲が並ぶのに加え、客演勢も想定の範囲内(Roscoe DashとWaleの組み合わせは◎)...が、繰り返し聴いても全然飽きない。ネガティブ要素を全て破壊する中毒性はある意味神がかり的です。

まずは、Lex Lugerの作り出すサウンド。今年のヒップホップ・シーンの一つの流れを作った立役者のビートをまとめて聴けるだけで興奮です。Rick Ross"B.M.F."にせよSoulja Boy"Digital"にせよ、ずっとリピートしても全然イケるもんね。で、Young Jeezy"All White Everything"(コレは個人的に今年のベスト3に入る名曲)が別のプロデューサー(実際はShawty Redd)の作だと知った時、“Lex Luger、完全にキタな”と思いました。だってコレ、完全に手法の模倣じゃん。カッコイイから文句は言えないけど、Shawty Reddはホントこういう所ウマイ。
こういう感覚は、2000年前後からだとネプ、スウィズ、DJ Toomp以来ですかね、メインストリームでは。
とりあえず、"O Let Do It"の浮きっぷりがスゴイです(笑)。

さらに、主役のWaka Flockaのハマりっぷりが尋常じゃない。この人のラップがいわゆる“サウスのガナリ系ラッパー(わかりやすい例だとLil' Jonとか)”の範疇内だと思ってる人、それは違うと思うんだよなぁ。見た目でもわかる通り、Waka Flockaの方がスタイルやリリック的にずっとダーティーだし、“クランクしようぜ!”っつーよりかはもっとサグい感じ。決して技巧派ではないものの、合いの手のタイミングやヒップホップ伝統の(笑)全抜きで入れるフレーズなどは天才的。そして実はこの人、生まれはニューヨークっていう(笑)。

あとは、メロウ曲に頼らずとことん硬派な感じで突き進むところも男らしくて好きです。"Homies"のようにそこはかとなく哀愁漂う曲はあるけど、いわゆるR&Bチックな曲は皆無。バラエティには...正直富んでないです。
でも、よく考えればミクスチャー・バンドとかも、(Linkin' Parkあたりは別格なんで除くとして)ボーカル・ギター・ベース・ドラムの構成でアルバム10数曲聴かせるわけだから、そこでいうところのギターリフのようなキャッチーな要素があれば全然イケるという証明ですね。
そういう意味も含め、「Flockaveli」は非常にロック的なのかも。いかに縦ノリなアルバムかは、"Hard In Da Paint"のTravis Barker Remixのハマり具合を聴けば明らかだし。ロックファンの感想も是非聴いてみたいですね~。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。