SOUL SMOKERS INC.
プロフィール

L.A.SEIS

Author:L.A.SEIS
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UR presents THE OTHER SIDE OF BLING-ELECTRONIC WARFARE 2.0
UR presents THE OTHER SIDE OF BLING-ELECTRONIC WARFARE 2.0

デトロイトの音楽シーンといえば、一昨年のMOODYMANNの来日プレイ@YELLOWで、彼がその少し前に亡くなったPROOF(D12)への追悼にと、執拗にヒップホップをかけてフロアのテクノファン達を唖然とさせた事を今でも思い出します。
日本ではナードなイメージの強いテクノというジャンルですが、デトロイト産のものはやっぱり特異。前述したMOODYMANNの件が良い例ですが、当地発の音楽にはシリアスなトーンに明確な統一性があり、中でも、ギャングスタをも黙らすハードコア野郎・MAD MIKEの音楽を聴けば、ネガティブな認識も確実に変わるかと思います。そもそもMAD MIKEはPファンクのツアー・ギタリストをやっていた人なので、ある意味SNOOP DOGGの音兄弟といえるの...かも。

僕も何度か言及してきたハイフィーとのサウンド面における共通性も、互いに根っこがエレクトロなのだから当然っちゃ当然なわけで、詭弁にあらず。ゲットー・ベース+ラップといったタイプの曲がヒップホップのヒットリストにもチラホラ顔を見せるようになってきた現在、新しいモノ好きB-BOYもフツウに(デトロイト)テクノを楽しめる土壌ができつつあるような気がします。

そんな中、ナイスなタイミングで真打ち・UNDERGROUND RESISTANCEの新作が登場しました。で、これがまた鬼ハーコーな内容!
とりあえず、パッケージが文句ナシにヤバイ。
ピカピカの新車の前に横たわる血まみれの少年達と、車体に映る工業地帯の鉄塔...モノクロのデザインが無情な印象を煽り立てます。加えて、内ジャケには後ろ手を縛られて頭に銃を突きつけられた“ラジオDJ”と“番組ディレクター”の絵、そしてお約束のメッセージ文が続き、視覚的な主張にも抜かりはなし。う~ん、この硬派な世界観がたまりません。

"I AM UR."というかけ声が徐々に激しさを増していき、ファズともノイズともつかない音塊が渾然一体となって畳みかけて来る冒頭曲からして、凡百のテクノとは一線を画す狂いっぷり。
ストレートな4つ打ちビートが「~2~」プロジェクトとの相互作用を感じさせる「Technology Gap」,
ハイフィーサウンドとの近似が顕著なエレクトロ・シット「Countermeasures」,
不穏なシンセストリングスのレイヤーが総毛立つほどカッコ良い「Death Of My Neighborhood」と、バラエティに富んだビートが続くのでインストであることも全く気になりません。
ラップが乗っかったらどメインストリームな曲になりそうな、それでいて挑戦的なタイトルの「Kill My Radio Station」,
ミニマルなフレーズがズブズブと脳髄に浸透していくような「Bastille Day」など、ダークかつシリアスな空気感こそがURの真骨頂と言えますが、それでいて「Baghdad Express」や「Tazumal」,「In Or Out」,「Kut」(メッチャ踊れる!)など、ファンク感覚鋭い高品位なダンスミュージックを作れるのも彼らの強み。
さらに、ピック弾きのような硬質なベースが淡々と鳴り響く「Hunting The Program Director」,
ノイジーな音使いと強靭なグルーヴのミックスに嫌でも首が動く「Toxic Broadcast」といった刺激的な楽曲が並び、この世界観がOKな人は最初から最後まで楽しめること請け合いです。
これもまた、ブラックミュージックの最新進化形の一面と言えるでしょう。彼らの場合、テクノアクトとしては想像がつかないほどハイレベルなライヴ活動の今後も気になるところです。

あ~、PUBLIC ENEMY聴きたくなってきた。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://illscience.blog108.fc2.com/tb.php/12-6da61740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。