SOUL SMOKERS INC.
プロフィール

L.A.SEIS

Author:L.A.SEIS
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHILL ROB G/RIDE THE RHYTHM
CHILL ROB G/RIDE THE RHYTHM
デザインのカッコ良さに始まり、もちろん内容に至るまで、青田買い可能なレーベルとして真っ先に頭に浮かぶのが、僕の場合はWILD PITCH RECORDSだったりするのですが、今年の春に公式な再リリース作業が行われたため、メデタイことに長らく入手困難だった盤の数々が店頭に並ぶようになりました(パッケージのチープさはご愛嬌)!

WILD PITCHといえば、パッと挙げられるだけでもO.C.に初期GANGSTARR、MAIN SOURCE、ULTRAMAGNETIC MCS...とそうそうたる顔ぶれが並ぶわけですが、この度過去の名盤達をアレコレと聴き返す中、特に印象に残ったのがCHILL ROB G『RIDE THE RHYTHM』で、このお皿、意外にも今聴くと“おおっ!?”となるポイントがたくさんあったりします。

まず、どエレクトロな『Make It』の下世話っぷりがお見事。ハイフィーやらバイリ・ファンキ、デトロイト・テクノにフレンチ・エレクトロと、ここ何年かの音楽シーンでは広い範囲で“エレクトロ”がキーワードとなっていることもあり、この曲も“今の音”として十分聴けます(俗っぽいノリは完全に前者ですが)。
比較的最近のUNKUT.COMにおけるロング・インタビューでCHILL ROB Gが語っているように、45 KINGのビートを気に入っていたRED ALERTも最初は頑なにインストをかけていたというくらいなので、サウンド自体の機能性にはやはり目を見張るものがあります。性急な808ビートとワサワサしたバック・コーラスが特徴的なこの曲、アルバムの流れから言うとかなり唐突なのですが、あらためて聴くと妙にフレッシュ。

12インチのディスク・ガイドなどに高確率で載っているクラシック『Court Is Now In Session』も、やはり色あせない名曲...ってか、GRAHAM CENTRAL STATION『The Jam』のビートに『Soul Power '74』のホーンを乗っけた時点で反則技なんですけどね。悪くなりようがないです。
ドイツのアーティスト・SNAPによるカヴァーが本人の意向を無視してリリース→大ヒットした、いわくつきの『The Power』(ARISTAの陰謀云々の話はインタビューでも言及アリ)は、当たり前ですがオリジナルがイチバンの出来。OLに聴かせたら“Crazy In Loveみたい~”とか、脱力しそうなセリフを吐かれそうですが、とりあえずドラムのカッコ良さは文句のつけようがないです。パッドを始めとする音のチョイスはさすがに時代を感じさせますが、イコールダサい、とならないところなんかもミソ。
さらに、POLICE『Voices Inside My Head』をベタ敷きした『Let The Words Flow』(最初に聴いた時の衝撃を思い出して遠い目...)を筆頭に、大ネタ『N.T.』使いの『Let Me Show You』、RASCO『Take It Back Home』でオナジミBILLY PRESTON & SYREETA『Books And Basketball』のホーンが印象的なその名も『Wild Pitch(Remix)』など、直球勝負なサンプリング・ワークが楽しめます。

少なくとも、僕の周りでCHILL ROB Gがサイコーだという話は聞いたことがないのですが、アルバム一枚で消えたとはいえそれがクラシックとなったアーティストなので、リリックなどはネット上で比較的カンタンに拾えます。語尾で堅く踏んでいくスタイルは決して目新しいものではありませんが、随所に巧い言い回しがあったりするので要チェックです。
あとはやっぱり、上で挙げた濃密なロング・インタビュー。“純粋なオリジナルFLAVOR UNITじゃなかったのね!”とか、“売れなくなったラッパーはマジで警備員やスーパーの店員になるんだ...”とか、目からウロコな話が満載です。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

最初3人だったんですか~。Markey Freshがもっと重要なポジションかと思っていたらそうでもないみたいですね。
【2008/09/02 20:56】 URL | YUDT #- [ 編集]


同じくLORD ALI BA-SKIのUNKUTインタビューでも、彼に関する言及は全く無いですね。僕もJIVEから出してる12インチぐらいしか知らないのですが...。

そういや、沼田充司さんの本にチラッと名前が出てきたような気がします。
【2008/09/06 06:19】 URL | L.A.SEIS #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://illscience.blog108.fc2.com/tb.php/41-9dbee2fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。