SOUL SMOKERS INC.
プロフィール

L.A.SEIS

Author:L.A.SEIS
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HARD KNOCKS/SCHOOL OF HARD KNOCKS
HARD KNOCKS/SCHOOL OF HARD KNOCKS
WILD PITCH RECORDSのマイナー名盤といえば、忘れてはいけないお皿はまだ他にもありまして、HARD KNOCKS『SCHOOL OF HARD KNOCKS』なんかもその一つです。
強引なのを承知で区分けするなら、WILD PITCHの音は、ジャズ色の強い、90年代中盤のサウンドのひな形となっていくものと、“ミドル・スクール”という言葉で連想できるような、ブレイクビーツの気持ち良さを追求したものとの二種類があると思うのですが、『SCHOOL OF HARD KNOCKS』は完全に後者で、さらに、ハデさを兼ね揃えた同系統のCHILL ROB Gなどと比べると、よりムダを削ぎ落としたシンプルな印象があります。
とは言っても、JBを始めとするファンキーな大ネタ使いは、B-BOYのツボをガンガン突いてくるものなので、特にミドル好きには辛抱たまらん内容。ネタの調理方法も、今となってはなかなかできないモロ使い&複合技が多いのが楽しく、オリジナル盤に高値がついているのも、この作品の完成度の高さを物語っているのではないでしょうか。

BILL WITHERS『Who Is He & What Is He To You』にチープなアコギを乗せた『A Dirty Cop Named Harry』に始まり、
STAXっぽいホーンなど、60年代サザン・ソウルに通じる泥臭さが◎な『Nigga For Hire』、
GANGSTARR『Royality』とネタかぶり(?)なキラキラしたピアノと、90年代のテキサス産G-RAPを思わせるもっさりとしたベース、終盤のサックスソロが聴きどころの『Ghetto Love』、
ダンサーが歓喜しそうな、ブレイクビーツの鳴りが心地良い『Thoughts Of A Negro』(フロウがNASチックなのはご愛嬌)、
トライバルな印象の強いCYMANDE『GETTING IT BACK』を上手く料理した、激アッパーな『Opposite Side』など、特に前半のクオリティはハンパじゃない!
余談ですが、『Ghetto Love』が『Royality』と同ネタだとすれば、ソースはLATIMORE『Let's Do It In Slow Motion』ということになるんですが...はたしてプリモ以外の人間にあんなクリエイティヴな仕事ができるものだろうか?詳しい方、情報くださ~い。

他にも、DONALD BYRD『Weasil』→『Blow To Your Head』、
BLACK HEAT『Zimba Ku』→『Young Black Male』、
ESTHER PHILLIPS『Home Is Where The Hatred Is』→『Young Guns』とネタ使いした曲は、どれもまんまなので悪くなるわけがない。
極めつけは、JB『I Got To Move』の、中盤でビートが変わるトコをかけ声ごとベタ敷きした『Strictly From The Bronx』。ライドの響きとベースのうねりの気持ち良さに昇天必至です。

“厳しい世間に揉まれること、それを学校、教育の場と見立てる”というニュアンスをもつ、ヒップホップの価値観的に絶妙なタイトルからして素晴らしいんですが、言葉の面でも注目すべき点は多く、大半の曲のタイトルにも明らかなように、ポリティカル...とまではいかなくても、社会的なトピックについて割とストレートな物言いをしている箇所がチラホラ。加えて、ストーリーテリングの妙を活かしたリリックもけっこう面白いので、このテの作品にしては珍しく歌詞カードがついているのは嬉しい限りです。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://illscience.blog108.fc2.com/tb.php/46-c073ca2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。