SOUL SMOKERS INC.
プロフィール

Author:L.A.SEIS
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAT JON THE AMPLE SOUL PHYSICIAN/REPAINT TOMOROW
FAT JON THE AMPLE SOUL PHYSICIAN/REPAINT TOMOROW
思わずインスト・ヒップホップに対してアンチともとれる発言をしてしまいましたが、そもそも僕はヒップホップを聴くようになったきっかけがCOMPANY FLOW、それもインストアルバムの『LITTLE JOHNNY FROM THE HOSPITAL』なので、それらに対する愛着は実際のところかなりあります。それも、今は無き名店・HOTWAXの恩恵を受けまくった世代でもあるので、インスト・ヒップホップ(当時の一般的な呼称で言えばアブストラクト・ヒップホップか)=ドープという公式が未だに根強く脳裏に残っていて...生粋のパンクスが青春パンク(笑)に違和感を覚えるように、近年ちょっとしたブームになっている美麗インスト・ヒップホップ(?)には何とも居心地の悪さを感じてしまいます。

まぁ、歌やリリックがない分、線引きは非常に難しいところではあるのですが、BDPの項で述べたような熱量や、精神性は必要不可欠だと思います。少なくても、ヒップホップを名乗る以上は...。単純に流麗でキレイな音楽が聴きたければモリコーネで十分だし、オサレなだけのジャズ・ヒップホップに手を出すならモノホンのジャズを聴きますよ、というのが僕のスタンス。
そういう意味では、どこまでも美しくてはかない音作りながら、FAT JONの作品こそインスト・ヒップホップと呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。それはドラムやサンプルのプログラミングといった表面的な方法論ももちろんですが、新作『REPAINT TOMOROW』の歌詞カードには一曲ごとのコンセプトが記載されているように(それもあからさまな形ではなく、非常に断片的なもの)、ラップという表現方法も兼備するFAT JONが今回はインストという手法を選択し、音で自己主張している点が重要。

FAT JONといえば、FIVE DEEZを含めて信じられないほど多作なアーティストですが、『REPAINT TOMOROW』は、初期の名作『WAVE MOTION』『LIGHTWEIGHT HEAVY』に近い質感の作品で、DDAY ONE『HEAVY MIGRATION』のリリースという好仕事を果たしたdawnシリーズ(モノクロで統一されたジャケが世界観にマッチ!)の一枚。
ブッ太いビートと、時折電子ノイズが混ざるアンビエントな音使いの組み合わせが絶妙な『Kissed In Shadow』に始まり、
切なげなピアノループに重なるフルートの音色が涙を誘う名曲『Innocent At Once』、
流れるようなバイオリンと壮大なストリングスが美しいタイトル曲、
ネタ自体のドラマチックな展開で、完全に“ラップは不要”と思わせる逸曲『Muses』、
むせび泣くエレキギターとパーカッションの乱れ打ちが刺激的な『Tranquilizer』と、BGMとして流し聴きするには耳につきすぎる19曲が並びます。
また、ノスタルジックな音処理のミュートホーンが泣かせる『Soundgirl Personal』やフュージョンぽさもある『Lighthouse Sleeper』にしても、前者は重心の低いベースだったり、後者の場合はハネたドラムだったり、ラップが乗っていても不思議ではないノリの曲もチラホラ。フツーに首振れます。
バウンスビートが面白い『Leyes』、現代風ジャズな趣の『Hero Style』などの“攻めた”楽曲も、実験精神を失わないFAT JONらしく、ファンとしては嬉しい限り。

月並みな感想ですが、聴き終えた後に思ったのは、“まるで映画のサントラみたい...”って事。コンセプチュアルかつ統一感のある内容は、良い映像と出会えれば、想像以上のケミストリーが生まれるような気がします。dawnシリーズ一枚ごとにショートフィルムをつけるとか、やったら絶対ハマりそう。
それと、どうでもいいんですがFAT JONって日本で人気あるんですね。日本語版のウィキペディアでフツーに引っかかったのには驚きれました。これもインスト・ヒップホップ特需の産物なのか...?

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

BOOGIE DOWN PRODUCTIONS/CRIMINAL MINDED
BOOGIE DOWN PRODUCTIONS/CRIMINAL MINDED
レア盤のリイシュー以上に音楽愛好家(金持ちを除く)にとって悩みの種なのが、ここ何年かの間でとみに一般化・進化を遂げたデラックス・エディションの存在で、コレがもうホントに厄介。ジャケや収録曲を若干変え、オリジナルの発売から数ヶ月という短いスパンで出される、リパッケージ版という詐欺みたいな商法も最近よく見られますが、そうではなくて、純粋に未発表曲など“発掘”という意味でデラックスな作品がチラホラあるので、嬉しいやら、(財布的には)悲しいやら。

で、『CRIMINAL MINDED』ですよ...まさに満を持して、って感じです。デラックス・エディションの発売がアナウンスされ、それが二枚組という体裁だと知った時は“ほぉ”と興味をそそられたものの、オリジナル盤(CDですが)とデジタル・リマスター盤を所有している人間にとってはさすがに今回は縁がないかな、と思っていましたが...なんだかんだで結局買ってしまいました(泣)。
まず、商品がSTAXの50周年盤と非常によく似た豪華な作りで、二枚組の特殊パッケージという時点で反則なんですが(スゴイ重厚感!)、未公開の写真やイラスト、バイオを中心とした完璧に近い出来のライナー、リリック(国内盤には対訳も!)、インタビューに加え、B.D.P.が大所帯クルーだった時代(→SCOTT LA ROCK AND THE CELEBRITY THREE笑)の曲『Advance』『$ucce$$ I$ The Word』や初期音源『Say No Brother(Crack Attack Don't Do It)』、アルバム収録曲の別ヴァージョンがまとめられているのは感涙モノ。アタマとケツにRED ALERTのベシャリが入った『The Bridge Is Over』こそ大きな違いはありませんが、『Come Clean』みたいな音処理がドープな『The P Is Free』、時折挿入されるサンプルがナイスな『Elementary(Dub)』(僕はこっちの方が好きかも)は一聴の価値アリ。
LP以前の音源もやっぱりレベルが高く、特に『Advance』のような音使いは、最近の新譜でも聴けたような(具体的な曲名は出てこないんですが...)。この曲はインストも収められているのですが、音だけ聴いても、色褪せないカッコ良さに毎度驚かされます。

本編に関しては、当時敵対していたクイーンズ・ブリッジのMARLEY MARL一派にブロンクスこそヒップホップの聖地と挑戦状を叩きつけた云々、の話は耳にタコなのでショートカットするとして、聴けば聴くほど新しい発見があります。それこそ、この作品が名盤と言われる所以かもしれませんが。
現在の音楽シーンとの関連という事なら、面白いのが『9mm Goes Bang』。温度低めなローの処理とラガなフロウは、ダブステップ/グライムの文脈でも聴けそうです。
SAIGON『Come On Baby』にヤラれた人には『Dope Beat』を。20年以上も前のAC/DC使い...まさにドープ。
また、『Poetry』『Word From Our Sponsor』『Remix For P Is Free』いずれにも共通する、シンプルなビート+キメのサンプリングという手法は今こそ受け継がれているものなので、未聴の人にはフツーにフレッシュに響くのではないでしょうか。それにKRSのラップぢから溢れるパフォーマンスが加われば、怖いものナシです。

NUJABES以降、雨後のタケノコのように増えた美麗インスト・ヒップホップとやらの作り手(一応言っておくと、NUJABESらパイオニア世代にはナフリスペクトです)には、コイツを聴いて出直せ!と言ってやりたいです。僕もこうしてチマチマと述べてきましたが、ヒップホップと名を冠する以上は、理屈より熱量、生々しさ!それが基本だと思ってるんで。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

HARD KNOCKS/SCHOOL OF HARD KNOCKS
HARD KNOCKS/SCHOOL OF HARD KNOCKS
WILD PITCH RECORDSのマイナー名盤といえば、忘れてはいけないお皿はまだ他にもありまして、HARD KNOCKS『SCHOOL OF HARD KNOCKS』なんかもその一つです。
強引なのを承知で区分けするなら、WILD PITCHの音は、ジャズ色の強い、90年代中盤のサウンドのひな形となっていくものと、“ミドル・スクール”という言葉で連想できるような、ブレイクビーツの気持ち良さを追求したものとの二種類があると思うのですが、『SCHOOL OF HARD KNOCKS』は完全に後者で、さらに、ハデさを兼ね揃えた同系統のCHILL ROB Gなどと比べると、よりムダを削ぎ落としたシンプルな印象があります。
とは言っても、JBを始めとするファンキーな大ネタ使いは、B-BOYのツボをガンガン突いてくるものなので、特にミドル好きには辛抱たまらん内容。ネタの調理方法も、今となってはなかなかできないモロ使い&複合技が多いのが楽しく、オリジナル盤に高値がついているのも、この作品の完成度の高さを物語っているのではないでしょうか。

BILL WITHERS『Who Is He & What Is He To You』にチープなアコギを乗せた『A Dirty Cop Named Harry』に始まり、
STAXっぽいホーンなど、60年代サザン・ソウルに通じる泥臭さが◎な『Nigga For Hire』、
GANGSTARR『Royality』とネタかぶり(?)なキラキラしたピアノと、90年代のテキサス産G-RAPを思わせるもっさりとしたベース、終盤のサックスソロが聴きどころの『Ghetto Love』、
ダンサーが歓喜しそうな、ブレイクビーツの鳴りが心地良い『Thoughts Of A Negro』(フロウがNASチックなのはご愛嬌)、
トライバルな印象の強いCYMANDE『GETTING IT BACK』を上手く料理した、激アッパーな『Opposite Side』など、特に前半のクオリティはハンパじゃない!
余談ですが、『Ghetto Love』が『Royality』と同ネタだとすれば、ソースはLATIMORE『Let's Do It In Slow Motion』ということになるんですが...はたしてプリモ以外の人間にあんなクリエイティヴな仕事ができるものだろうか?詳しい方、情報くださ~い。

他にも、DONALD BYRD『Weasil』→『Blow To Your Head』、
BLACK HEAT『Zimba Ku』→『Young Black Male』、
ESTHER PHILLIPS『Home Is Where The Hatred Is』→『Young Guns』とネタ使いした曲は、どれもまんまなので悪くなるわけがない。
極めつけは、JB『I Got To Move』の、中盤でビートが変わるトコをかけ声ごとベタ敷きした『Strictly From The Bronx』。ライドの響きとベースのうねりの気持ち良さに昇天必至です。

“厳しい世間に揉まれること、それを学校、教育の場と見立てる”というニュアンスをもつ、ヒップホップの価値観的に絶妙なタイトルからして素晴らしいんですが、言葉の面でも注目すべき点は多く、大半の曲のタイトルにも明らかなように、ポリティカル...とまではいかなくても、社会的なトピックについて割とストレートな物言いをしている箇所がチラホラ。加えて、ストーリーテリングの妙を活かしたリリックもけっこう面白いので、このテの作品にしては珍しく歌詞カードがついているのは嬉しい限りです。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

BROKIN ENGLISH/KLIK
BROKIN ENGLISH/KLIK
DJをやっていたりレコードを掘っていたりする人であれば誰しも、一枚か二枚はマイ・クラシック・アルバムを持っているハズで、その皿の素晴らしさをもっと広めたいと思う反面、いざリイシューやCD化が実現するとちょっぴりガッカリしてしまうもの。
そういう、僕にとっての隠れマスターピースのうちの一枚が、1993年にリリースされたBROKIN ENGLISH『KLIK』(ずっとBROKIN ENGLISH KLIKというグループによるセルフタイトルのアルバムだと思っていたんですが、本国のサイトではこのように表記されているので、BROKIN ENGLISHというグループによる『KLIK』というアルバム、というのが正しいっぽいです)。ネーミングセンスは微妙ですが、中身はホントに言うことナシの大傑作で、とりあえず、BLACK MOON『ENTA DA STAGE』とSMIF'N'WESSUN『DAH SHININ'』が好きな人は絶対気に入る...というか、個人的にはどちらも甲乙つけ難いとさえ思っています。

BROKIN ENGLISHは、僕がWILD PITCH作品にハマっていた時期にレーベル買いしたアーティストで、このアルバムも今年の再発シリーズの中にリストアップされている一枚です(ただし、マイナーなものほど店頭から消えつつあるので、気になる人はお早めに)。
メンバーは、ラッパーのMACK 10(WESTSIDE CONNECTIONの人とは同名異人、マギラワシイ...)とPHASE。ジャケットに写る、CARHARTTのフードパーカーとブーツでキメたしかめっ面の二人の風貌を最初に見た時は、“コレ、ホントにWILD PITCHのアーティスト?”と訝ったものですが、聴いてみてナットク。レーベル特有のファンキーかつほどよくジャジーな質感と、彼ら独特のハードなキャラクターの融合は意外と相性が良く、それでいてワンアンドオンリーなもの。

熱心な90年代アングラ・ヒップホップ好きの間では支持者の多いシングル『Who's Da Gangsta』で幕を開ける『KLIK』ですが、何回聴いてもその濃ゆい内容にブッ飛ばされます。
タイトルからしてBROKIN ENGLISHの特異な立ち位置を象徴するこの曲は、攻撃的なドラムと不穏なベースラインに乗っかるハードなラップが聴きどころ。“Bad boy,bad boy,whatcha gonna do...”で始まるラインでループが変わるトコなど、もう全身鳥肌。
そして、続く『Kaos Ta Bass』は、まさにマイ・クラシック・チューン!カッコ良すぎです、この曲。ハネたドラムに“ドーン”と地を這うベース、フィルターがかったループにジャジーなサックス...と、DA BEATMINERZも真っ青な完成度。スゴイ。
3曲目の『Hard Core Beats』も、マニアの間では人気が高い曲のようで、クールなウッドベースと緊迫感のあるループの絡みが絶妙。タイトル通り、ハーコーソングの王道を行く感じがKOOL G RAPなんかに近い気がします。

2つのヴァージョンが収録された『Here Come Da Hoods』も、埋もれさせるには惜しい名曲。“Vibe Mix”は、その名の通り涼しげなヴィブラフォンの音色がイマドキのジャージー・ヒップホップにも通じるアレンジで、“Fat Horn Mix”(この曲名、反則です...)は、印象的なサックスの一小節ループがサイコーに粋。めちゃくちゃオシャレなトラックと男気溢れる暑苦しい合唱系フックの合わせ技に血が騒ぎます。
さらに、ハーコー一辺倒ではないところもBROKIN ENGLISHの良いところで、アッパーでファンキーな『Youth Gone Mad』のような曲もあります。
締めは、チョーキング(でいいのか?)の利いたウッドベースのループがクソドープな『Ready,Aim,Shoot』で。途中、短めのインタールード的な曲やまったりとしたレイドバック・チューンを交えた全12曲。ビックリするくらい飽きることなく一気に聴けちゃいます。

それにしても、このアルバムが名盤100選とかから漏れてしまうのはいかがなものでしょう?僕的には、WILD PITCHクラシックの中から3枚選ぶとすれば、コレとO.C.『WORD...LIFE』、MAIN SOURCE『BREAKING ATOMS』っていうくらいなんですが...。
まぁ、レーベル・コンピ『WILD PITCH CLASSICS』の中にも彼らの曲は収録されていないので、キチンと宣伝されなかったというのが実際のところでしょうね...そもそもWILD PITCH自体がプロモーション下手で有名なレーベルですし。
とりあえず、ラフなドラムにブッ太いベース(時折ウッドベース)、ジャジーなサックスにクソハーコーなラップ...というフレーズにピンと来た方は、今すぐCD屋さんにGO!!!

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

THE COUP/KILL MY LANDLORD
THE COUP/KILL MY LANDLORD
THE GOVERNORから、最近たまたまTOWER OF POWER~THE COUPと続けて聴く機会があってあらためて実感したのですが、オークランドの音は、総じてドラムがカッコイイ。
タイトなキックに乾いたスネア、なんて言ってもベタな聞こえ方しかしませんが、TOO $HORTとかにしてもそうなんですけど、クラブ向けというのとは別の意味でリズムの聴こえ方が心地良いブラック・ミュージックって、案外オークランド産のものが多いような気がします。

THE COUPのサウンドは、なにげにベースから鍵盤、サックスからフルートに至るまで生楽器奏者を迎えて作られており、そこにDJ PAM THE FUNKSTRESSがスクラッチやブレイクビーツでズカズカと割り込んでくるという、緻密でありながらラフな感じが最高にオリジナルなのですが、クレジットの“Producer's notes”を読めば、グループの頭脳であるBOOTS RILEYのドラムに対するこだわり・自信が伝わってきます。

WILD PITCHクラシックでもあるデビュー作『KILL MY LANDLORD』は、と・に・か・く・ファンクなアルバム。“ヒップホップでファンクを感じさせる作品は?”と訊かれたら、僕の場合真っ先にコレとDELの『I WISH MY BROTHER GEORGE WAS HERE』が頭に浮かびます。
1曲目に置かれたクラシック・チューン『Dig It』は、イントロを聴いただけでもドラムとベースの黒くてブッ太いコンビネーションに圧倒されること間違いなし。僕は幸運にも、以前GALACTICの来日公演で生BOOTS様を拝むことができたのですが(ラップも動きも見た目もまんまでした!)、そのGALACTICの名手、STANTON MOOREのドラミングにも劣らないライヴ感は、思わず“ホントにサンプルかよ?”と疑いたくなるほど。
続く『Not Yet Free』は、手数が多いながらも締まったドラムが聴きどころの、ダウンテンポなヘヴィ・ファンク・ナンバー。時代を考えると、BPMが遅めな曲はどうしても地味な印象になってしまいがちなのですが、THE COUPの曲はどれも重低音がスゴイので、特にローの効いたスピーカーやヘッドフォンで聴いたら、ガンッガンに頭を振れます。
その他にも、G-FUNK風味のピアノロールが地域色を感じさせる、『Not Yet Free』と同路線の重たい『The Coup』、
ハットとリムを左右に振り切ったパンニングが実験的な『I Know You』など、中毒性の高い曲がズラリ。
ハイライトは、アルバム唯一のアッパー・チューン、『Funk』。疾走感溢れるドラムにキャッチーなベースとピアノ、ソウルフルなホーンのディレイと、LARGE PROFESSORなんかの作品にも通じるカッコ良さにヤラれます。ピアノループが変わり、ガシガシと小気味良いコスリが入るブレイク部分などは、グラブプレイでも色々と応用が利きそう。

あと、リリックも決して無視できない部分で、政治活動にも熱心だというBOOTSのアジテーショナルな詞は、本国のサイトなどでレビューを見てもすこぶる高評価。僕には完全に理解できない箇所も多々あるので、ほぼ全曲閲覧できるサイトを挙げておきます。そんな事情もあってか、ボーカルのミックス具合も、E-ROCよりBOOTSの方が気持ちデカイような気も...(笑)。
Answers.comにアップされているバイオに次のような記述があることを一例にとっても、このアルバムのクオリティの高さは保証できます。G-RAPの波に埋もれた名盤がここにも一枚...。

“If it had been released a mere four or five years earlier, the highly politicized Kill My Landlord might have gained the Coup nationwide notoriety and platinum album sales. As it was, gangsta rap was all the rage, and Kill My Landlord achieved only moderate sales but nearly unanimous critical acclaim.”

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。